病になる前にできる努力

日本人に典型的な
『病気になったら医者に行き、薬で治す』

これは、健康保険があるという
医療費がかからないという大前提のもとにある
なんとも寂しいお話です。

もう、当たり前になっていて
『そーゆーもんでしょ??』っていうもの。

 

この大前提が引き起こす現実は
病になる努力をしている
ということ。

そこにどれだけに人が気づいているかな??

 

代表的なのが現代病で
肥満などから始まる病。

自分自身が気をつける事で
回避できる病だけど
敢て、回避しないという行動は
病になる努力をしていると思っていいかもね。

 

これを住宅に例えたなら
寒さを我慢しているって事だと思う。

寒さを甘く見てはいけないよ。

 

 

外で寒さを我慢することはあっても
家の中まで寒さを我慢しているとなると
身体は、いつも我慢ばかりで
病になる環境にいつもさらされているってこと。

病になる努力を、来る日も来る日も続けている

ということになるんだよね。

 

平成が終わる時代に、まだ昭和の頃の
『寒くなきゃ身体が弱る』という
言い伝え、いや伝説はもういいでしょ。
子守唄にもなりません。笑

 

病になる努力をやめて
身体を病から守る努力を
家の環境から考えてみませんか。

そうすることで
暖かさの必要性が見えてきます。

 

新常識の暖かい家を体感されたい方は
問い合わせフォームよりどうぞ。

 

我が家のほうき草、
半分、紅葉

関連記事

Category

Calendar

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP