暮らしていくチカラはお手伝いから。

「お母さん、お風呂の洗剤ナイよ?」

と、長男の声に焦るcoldsweats01

 

こんにちは

ライフオーガナイザー森智子です。

 

私は、子ども達に出来る限りの

お手伝いをしてもらっています。

そのひとつが『お風呂掃除』

 

子ども達が大変な時、私に余裕がある時以外は

基本的に長男と次男の二人が毎日交代で掃除をします。

 

子ども達に手伝いをしてもらう目的は、

私がいなくても暮らせるチカラを身につけるため。

 

いつかはこの家を巣立っていく子ども達。

私が子ども達に持たせてあげられるのは

暮らしていくチカラだけかなと。

 

手伝いが出来るからイイ子☆とか

うちの子すごいでしょ?☆とか

そういうコトじゃなくて、

手伝うことから、みんなで暮らしているんだってコトを

感じられたら暮らしの質みたいなものが

ぐっと上がってい気がするんだよ。

 

 

子どもだから経験値も少ない。

だから、上手くいかないことだってある。

うまく行かないとか

時間がかかるとかを理由に、

手伝う環境を取り上げちゃダメ!

 

経験していくことで

「どうやったら上手く出来るか?」や、

「どうやったら早く出来るか?」は、

子ども本人が考えるから大丈夫。

手伝うという経験の中には、

考えるというチャンスも沢山あるんだよ。

 

いっぱい考えたらいい。

その考えるが大人になったとき、

その子のチカラに変わるから。

 

家の中でいっぱい経験して

いっぱい失敗したらいいんだとオモウ。

 

 

 

『私がやった方が早いから!!』

 

以前の私はそうでした。

 

なかなか子ども達に家事を手放さないお母さん。

いませんか??

1人じゃ大変なときは、子ども達に手伝ってもらいましょ。

一緒に暮らしているのだから。

みんなが暮らしに関わっていけたら

暮らしも子ども達もグッといいものになっていくのだから。

 

 

長男に「洗剤がないよ」っと言われて、

私1人が家の中で頑張ってるんじゃないな?とか

みんなで協力するっていいな?って思ったら、

心の真ん中があったかくなった?

 

IMG_6106.JPG

 

あちこち春ですねcherryblossom

 

 

?笑顔があふれる毎日を?

tomoko mori

 

関連記事

Category

Calendar

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP