気密住宅と薪ストーブ

うまく燃えない

 

「そろそろ薪ストーブ使ってるかな~」

 

メラメラと赤い炎が見えるような姿を想像しながらお店に行くと

・・・あれ??

 

エアコンで十分な暖かさ

 

「う~ん、高断熱の落とし穴だなこりゃ」

雰囲気を体感できない

 

その後着火してもらうんですが

実はなかなかつかないんです。

 

その一番の理由とは

 

「高気密の建物であるために、燃えるためのエネルギーを得るのに工夫が必要」ということでした。

もちろん、そのための措置はしてありますが

厨房の巨大なレンジを使ったりするとどうしても排気より給気のほうが少なくなってしまい

空気不足を引き起こします。

その為幾つかの工夫をしなければいけなくなります。

 

その工夫はそれこそその建物のスタイルによって様々ですから

オーナーさんがなれるしかないというものなのです。

初めての冬始まったばかり

僕も時々お邪魔して

一緒に研究したほうが良さそう

 

なにせ、今まで売ったことがありませんので

使い方がわからない

空気は難しいですね

関連記事

Category

Calendar

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP