外壁診断

外壁塗装屋さんがあおりすぎ

 

「外壁が心配だから見に来て欲しい」

 

とまあ、飛び込み営業をかけまくっている塗装屋さんがいてくれるおかげで

こんな相談受けることがあります。

 

大体が「今すぐやらないと」って話を聞くわけで

そう言われるとその場は「いいです」って断っても

なんだか胸にグサリと棘を刺していくんです。

 

「ほんとうに必要な人にはいいけど、そうでもない人に

嘘ついたりは行けないよな~」

 

今回ボクが見に行ったお家は見た目には

「おお!!」って思っちゃうダメージがありますが

 

「今年やらないとダメだとおもいますよ」って言っちゃってる

(今日は写真はありません)

それっぽいことを言っていったそうですが

彼らは塗装屋さんであって建築屋さんではありません。

かなり適当なこと言い放ってる

 

僕の診断

いいか悪いかと言われれば悪いとおもいます。

直すには外壁そのものに問題があるためにきっちり予定を立てて

完全な直しをおすすめします。

亀裂などからは建物を腐らす雨漏りにはつながらないために

数年放おっておいても大丈夫

決断できるようになったらやりましょう

という具合

 

あくまで、全体を考えもともとの施工方法を考慮して

この人に最善のお話をしてあげて不安を和らげるのが僕の診断

 

それをね

今年やらないと!!

補修した箇所はうまく治らないかもしれないけどごまかしますとか

 

皆さん、外壁塗装を建築屋さんが請け負うには理由があります。

塗装だけで済む場合とそうでない場合があって

傷口の根本が治らないのに

絆創膏だけを替えていくような押し売りには要注意ですよ

 

建物全体をみて判断していく建築屋さんを信用してくださいね

 

関連記事

Category

Calendar

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP