たまたま僕でよかった2

住宅の診断開始

この家は高気密高断熱です。

作った会社はもうありません。

このお施主さんは作った当時70代です。

家じゅう難しいシステムで組み立てています。

「それは優しい提案だったのでしょうか?」

 

「私何もわからないの」

 

まず最初に換気を考えます。

お掃除していますか?

 

 

 

 

 

 

 

何もしていないししらないわ

 

 

 

 

 

もはや別物

まだ第3種換気でよかった

そして給気口という新鮮な空気導入口がふさがっていた・・・

つまり本当に嫌な密閉状態

 

暖房はどうなっていますか?

「この暖房機暖かくないの」

 

 

 

 

 

 

あらら、圧力がない状態

これでは温水を送れません。

 

 

 

 

 

これで良し

リモコンを見せてください

「設定室温16度」・・・

 

こんなシステムを施主の顔を見ずに導入するというのは

いい設計ではありませんね。

この換気と暖房

見に来たのが僕でよかった

どちらも普段から目にしているものだから

さてさて、これはこの家で持っているものの環境だけを良くしただけ

カビの問題はまだ何一つ直っていない

 

健康に過ごすための改修工事はもうちょっとしたら始めます。

関連記事

Category

Calendar

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP