ほふく前進

天井裏へ

 

昨日の朝は実に清々しい温度で

「こんな日は潜って入っていかなくちゃいけない天井裏への断熱工事をしてしまおう!!」

と思いつき

小平くんとタッグを組んで工事をするわけですが

 

心の声「狭いから彼にやってもらおう、だけど、まず見本を見せて安全確認をしてからね」

 

そんな独り言をブツブツ言いながらお手本となるようにいざ出陣

 

「これはいかん、もうでられないかもしれない、しかもかなり危険な体勢だ」

 

ええ~い!!このまま俺が頑張るぜ~~~~~~~~

 

汗でビショビショの体中がガタガタのグラスウールでチクチクの満身創痍の2時間

実にいい汗かきました

 

ミイラ取りがミイラになっちゃう感じ?

若い子に苦労をさせようとした悪いおっさんでした。

 

たまにはいいとこ見せないとね(T_T)

関連記事

Category

Calendar

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP