窓辺は冷凍庫

違いすぎて風が起きる

 

昨年末より窓の断熱改修をさせてもらっているお家に

やっと、やっと最後のサッシが付きました。

(専門の施工なので予約でいっぱいでした)

 

IMG_8661.JPG

 

 

あら?

これはなにをしたのかな?

 

実は既存の窓に内窓がつかない場合の荒業です。

今ある外側の枠をはずさずに新しいサッシを入れると言うもの

 

いつもならば樹脂サッシですが、こういう場合はアルミと複合の商品です。

 

アルミと複合のという事で

とってもいい写真も撮れました。

 

IMG_8646.JPG

 

もともとのアルミサッシの温度を測ってみました。

なんと-4.2度!!

工事をしようがしまいがこの温度はもともとこの状態で

今回のサッシを付けたからってこの部分は温まりません。

アルミ樹脂複合サッシの欠点です。

こうなることがわかっているのにアルミ樹脂複合サッシは危険ですね

 

ではなぜ私は選択したのか

それは

 

こうなるからです。

 

 

IMG_8650.JPG

 

わざと既存枠との間にスペースを設け、グラスウールをしっかり入れました。

こうすることでアルミの枠に室温が届きにくくなるために冷えも結露もなくなるんです。

 

ただ、防湿工事もきちんとしなければいけません。

 

IMG_8656.JPG

 

 

表面に気密テープを貼ってきちんと処理すると

見事室温の影響だけを受けてくれて

冷えなどまったくない窓辺になりました。

 

密閉する際に、どんどん冷気の通り道がなくなってくるので

冷風が速度を早めてきます

 

-4度ですから窓辺はいつも

冷凍庫のドアを開けっ放しにしているようなもの

部屋はどんどん冷えます。

 

一番寒い日にだけ間に合ったけど

年末からおまたせしちゃって

「早くのないからいつも凍りついていたわよ~(T_T)」

 

今日が一番寒い日で

ここに間に合ったからゆるしてください~

関連記事

Category

Calendar

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP