冬の乾燥

高性能住宅は乾燥するわよね~??

 

この話の高性能住宅はいわゆる高気密高断熱住宅全般ね

 

とある井戸端会議の一コマ

古屋さん「最近本当に寒さが厳しいわね~」

新家さん「うちは新築であたたかいわ、でもね、高性能の家だから乾燥しちゃって大変なのよ」

古屋さん「そうよねよく聞くわその話、暖かい家つくると冬場は乾燥するのよね~」

 

まあ、細かいことは色々ありますがよく聞く会話です。

いい家をつくると空気が乾燥しちゃうって話

これ、新しいだろうと古いだろうと日本の冬は乾燥するんです。

 

高性能住宅=乾燥住宅

ではなく

日本の冬=空気が乾燥している

です。

 

高性能住宅は窓以外で家の中の空気を換気をするのに対し

そうでない家は、換気を考えていないので人間からでた水蒸気や、二酸化炭素

石油ファンヒーターから出る不快なガスなどを排出しないために少し潤っているような感じになる

そんなイメージです。

 

言い換えると

きれいな空気をいつも吸っているので高性能住宅は乾燥してしまう。

乾燥しないのは換気ができずに、空気中のいろんな排気ガスで呼吸しているから

となってしまいます。

 

空気をきれいにするのに窓を開けて換気をしますよね

たとえ真冬だろうと

その空気、外気温が0度の時相対湿度がたとえ70%もあったとしても

家の中に入ってきて20度に温められちゃうとね

その空気の湿度を測ると20%を切るんです。

だからどんな家だって日本の冬は乾燥しているのでした!!

 

高性能住宅は乾燥することが嫌なのよね~

って理由はなんか変な理由なんですよ。

 

 

関連記事

Category

Calendar

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP