『自分たちが暮らした場合』を考える

昨日は2組のお客さまが自宅にお越し下さって
イメージがつきづらい
広さや使い方などをみながら
打ち合わせとなりました。

私の自宅で実際に使っている
脱衣場は、図面の上では想像つきにくく
その分、使い勝手が良いので
みなさんには遠慮なくご覧いただく事が多いです。

森建築だから出来る脱衣場の提案です。

 

そして更に、今日はキッチン、リビングの確認。
これも、図面の上ではわかりにくく
イメージできないものです。

とくにキッチンにおいては
対面式にするのか
壁つけにするのか
独立型のキッチンにするのか
ここで悩まれる方が少なくありません。

 

キッチンも見た目だけで考えてみると。

見た目重視しがちな対面式キッチン。
少々散らかっていても、来客の時には
目につくものもなく
安心してお客さまを迎える事が出来ますね。

それにたいして、壁つけのキッチンは
使った後の片づけは必須となりますね。
どの程度まで片づけるかにもよりますが。

 

大事なのは、自分たちの暮らしを考える事。
自分たちの今の暮らし、
そして、これからの暮らしを考えて
どのキッチンだと、楽しく、ラクにストレスなく
暮らしていけるかを考えてみてください。

毎日使うキッチン
使わない日はないのだから
自分たちの暮らしよく観察してみると良いと思います。

時々来る、お客さま目線を大事にすると
毎日の自分たちの暮らしにフィットしない選択に
なる事もあります。

 
見た目、カッコ良さ、流行、

これも大事なんだけど
もっと根っこの部分で大事なのは
『自分たちの場合』をみてみる事。

流行とか、見た目とかではなく
自分たちが生活した場合はどんなんだろう??
って考えてみる事が
家族みんなが納得できる
自分たちの家づくりのひとつになると
思います。

 

関連記事

Category

Calendar

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP