危険と作業の効率

今日は解体工事

 

 

 

 

足場というのはどうしても建物との境に隙間を作ります。

やっぱりここが怖い

近すぎると工事ができないし遠すぎても危険すぎる

建築工事の事故は圧倒的に落下です。

今日は若い奴らとそこについて話をしました。

危ないからゆっくりやっていると「いつまでだらだらやってんだ!!」って

きっと声が聞こえてくる気がします。

だからって慌ててガンガンやっているとそれは事故の元です

今日の指示は「落ちないように気を付けながらゆっくりやるように」

ゆっくりやることと、作業風景や、取り組む態度の見え方ってのは人の目それぞれですので

一概に評価するものではありませんが

こうした現場では絶対に急がしてはいけない

 

 

 

 

安全に一生懸命気を付けることが最優先

その上で任された仕事をする

改めて危険が伴う現場にて思うのでした

10年も前なら全く違った考え方なんだろうなと思います。

森建築はゆっくりでいいから安全重視です。

 

関連記事

Category

Calendar

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP