天窓・バルコニーを採用しないわけ

タイトルからネガティブです。

ただいま塗装工事やっております。

先日足場がかかったので今日は塗装屋さんの社長と現地調査です。

 

 

 

 

 

天窓か~瓦と相性が悪い

採用したばっかりにこの場所の雨漏りをずっと心配しなくちゃいけないかと思うと

最初から「よくないですよ」って提案すらしない感じになっちゃいます。

 

 

 

 

 

 

水切り部分ですが瓦は永久品でも天窓周りとか止水処置は永久じゃありません。

松葉・錆

この瓦とサッシの際はずっと濡れた状態

怖いです。

 

 

 

 

 

ベランダの内側の壁

苔とひび割れです。

外壁が壊れちゃってます。

理由はいくつもあります

でも、ベランダがなければ関係のない話。

ほかの外壁面との違いは屋根があるのかないのか

 

 

 

 

 

時代のせいもありますがシーリングによる止水は危険です。

穴あいちゃってます。

 

天窓もバルコニーもなくてもそれほど困りはしないと思います。

色んな設計者がいてもちろん施工者も一生懸命防水するわけですから

イエスかノーと言ったいきなりのお話じゃなくてもちろんやれる話なんですが

どうにもならない場合に

それじゃあこうしますか?ってくらいの最後の裏技って感じの採用にしたいです。

先日の雨漏りを直したお宅はバルコニーをつけたから

雨が漏っちゃいました。

 

 

 

 

 

今度工事するお宅もベランダからの雨漏りです。

当然技術的にできることなのですがいずれダメになることも想定しなければいけません。

板金屋根だって漏るわけです

瓦だって漏る

でもなんとか漏らないように細心の注意を払い施工するんですが

それでも水の心は人にはわからない

だからリスクがあるからあまりやりたくない

それだったら必要のないプランを作ってあげるほうが

建築士の責任と思うわけです。

雨漏りバスターの独り言

 

 

関連記事

Category

Calendar

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP