お爺さんから譲り受けた家

ビフォーアフター

建てたほうがいいのか直して暮らす方がいいのか

その差は結構微妙です。

どちらも正解だから

思い出があったりお金だったり周辺環境だったり

正直な話、「建物の耐震補強」はできます。

地盤は古ければ落ち着いているでしょうし

ある程度の基礎コンクリートがあれば上の家は強い箱をつくれば地震力には対応できます。

 

 

 

 

 

ここまで壊すといいところと悪いところがよくわかる

まあ、当然のお話ですがね

 

 

 

 

 

構造を見直したら断熱工事をしっかりすることで湿気から木材そのものも守ります。

 

 

 

 

2階のすべてが準耐力壁になりました。

建築士の目線で補強工事をすれば

改修だってすごくよくなります。

この家のお施主さんのおじいちゃんが建てた家ですから

残すことだっていいはず。

そして何よりも全体の金額が安く抑えられます。

新築だと基礎・骨組み・屋根・外壁・上下水工事などに

どんどんお金が奪われますがリフォームは上記の工事は

壊した場所だけなのと、細かく解体するということにお金がかかるだけですから

やはりいいこともあるってことです。

どちらも正解

その建物の「動かすことのできない構造」を残しながら

あたらしい未来が描けたら

リフォームだっていいよね

つづく

 

 

関連記事

Category

Calendar

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP