バリアフリー4

高さ調整

重さが上からかかると反力がかかり敷居が持ちあがる

とまあ、理科の物理のようなお話ですが

立派な建築の知識です。

ふすまが開かなくて鴨居(上の溝)を一生懸命持ち上げたりしますが

本当にいけないのは敷居(床の溝)

わかったようなわからないようなですが

まあ、部屋の真ん中が持ち上がっているってわけ

だから

 

 

 

 

 

 

こうして、6センチの高さを使って平らを調整します。

 

 

 

 

 

 

そして、この骨の間に断熱材を敷き込み床を張ると

敷居と平らの床が出来上がるってわけ

 

車いすを回転させる場合

畳や、絨毯、カーペットはダメですよ

どんどん擦れちゃってあっという間にダメになっちゃう

だからこうした場合は絶対床なんですね~

関連記事

Category

Calendar

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP