当たり前の防水

雨漏りを防げ

サッシをつける・外壁を張る・雨が中に侵入しない

これはまあお施主さんからしたら「当たりまえのことでしょ」

ってお話ですが

わたくしたち施工者はそれでも毎回気を使います。

 

 

 

 

 

サッシを取り付けたらまず防水テープを下側から貼ります。

その上から縦の方向(横面)を貼り付けます。

 

 

 

 

 

そして最後に上から貼り付けます。

そしてなるべくサッシの際につっくかないように気を使って

一つ一つ考えながら施工しています。

(ちなみにアルミサッシはちょっと施工が違うと思いますが使わないので載せません)

 

 

 

 

 

最後に透湿防水シートを貼り付けますが

この段階で完全防水の状態にします。

既存壁との継ぎ目にも防水テープを貼って

今日はテープだらけです。

新築であってもリフォームであっても

当たり前のことなのですが

小さなことに気を使います。

今日も「ここをいい加減にやってあとからあ~すればよかったな~」

なんて思いたくないとぶつぶつと独り言を言いながら

「今日はこのことを記事にしよう」となるわけです。

やって当然だから何度も言いますが

当たり前の工事内容です。

だけど職人さんというのはこんな小さなことが重要なんだと

いちいち思いながらやっているんです。

 

 

関連記事

Category

Calendar

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP