すべてはこの試験

完成時気密試験

 

 

 

 

 

今日は先日見学会をした現場の気密試験

 

 

 

 

 

 

相当隙間面積38㎠

延べ床面積が89.43㎡

単純に割ります。

38÷89.43=0.4249~

この家のC値は0.42です。

すごいじゃん。最高!!

高気密住宅でした

 

さて「気密試験」

もう何度も何度も同じこと言いますが

あえて言わせてください

何度でも言わせてください

どんなにいろんな工法を採用しても

どんなに断熱材を優れたものにしても

どんなにすばらしい機械を入れたとしても

この気密試験の結果が0.7を超えるようでは宝の持ち腐れ(本当はもっと低く言いたいけど)

ましてや「うちは高気密高断熱です」と一度でもその業者さんから聞いたのであれば

気密試験は絶対やらなければいけないんですが

たまに口ばっかの会社もありますよね

高断熱も計画換気も健康な暮らしも省エネも

すべて100%の力が発揮できると約束できるのは気密試験をして初めて

「想定通り」となるわけです。

何はともあれ

FPでやってもグラスウールでやっても

樹脂サッシで作っても、アルミ樹脂複合サッシで作っても

準防火地域でも22条地域でもどこでやっても高気密住宅が作れる証明です。

うちの業者さんたちは優秀だな~

 

 

関連記事

Category

Calendar

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP