換気談義

忘年会の席でのお話

「この間、P社の換気システムのプレゼンに行ってきてそこで言っていたんだけど

メーカー曰く、とある方に説明内容を注意されたといっていたんだよね

それって森君だよね」

??

そうかもしれないけど・・・

なんでかというと(話の内容は詳しく書きませんが)

「そんなことを考えているのは森君しか知らない」だって

そこで思い出す「あの事か~」

 

改めて

第1種換気と第3種換気の違いについてのお話となりました。

最初に言っておきます。

どちらの会社も第3種セントラルダクトの先分岐スパイラル菅の工事を採用しています。

 

 

 

 

 

「3種しか使わないよね」

「そうですね」

以上

もっといろんな話をしましたが

「同じ意見の人と話することがめんどくさい(笑)」

とのことです。

何度も同じ話ですが第1種と第3種の論争に共通の着地点などありません。

別の空港にたどり着きます。

だから相手側の批判をして自分を正当化する意味がないのです。

だけど世間は論争しちゃう。

お客さんも迷っちゃう

どちらも守るべきものがあってお客さんのことを考えたうえで選択しているので

どっちもいいねが正解

だからこそ僕らは絶対第3種

 

まさかそんなところでニュアンスだけで僕だとばれるってね・・・

関連記事

Category

Calendar

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
PAGE TOP