断熱の知識

けっこうみんな見落としがちね

「断熱する場所とは家の外側を一筆書きで囲んだ線」

 

 

 

 

 

このようにピンクの線が断熱材として家全部を一筆書きで囲むことで

断熱材の中で暮らしていくということになります。

言葉でいうと簡単なんですが、なかなか施工が難しい

 

 

 

 

 

 

現在施工中のリフォームの写真

写真中央上部の断熱材が見えますが、途中で切れちゃってます。

また、この断熱材が延長して、写真の部屋の天井の断熱材とつながらなくてはいけませんが

当然つながっていませんでした。

「ダメな大工さんですね」ではなく、仕方がないのです。

こういう時代があったから、今のきちんとした施工に気が付く事例となったわけですから

 

 

 

 

 

 

森建築の現場はこうなります。

立ち上がりの部分もきっちりシートと断熱材で囲んでます。

実はこれをきちんと理解できている大工さんは大きな声では言えませんが

少ない

家を作るという大きなプロジェクトからすれば小さなことかもしれないけれど

決して手を抜いてはいけないと毎回みんなで考えてやっています。

だから毎回リフォーム工事の自慢の一つが高断熱工事

 

 

 

 

 

 

 

床はもはや恒例の森建築オリジナル14センチ

 

 

 

 

 

 

壁と屋根はこういう感じでばっちりですね

なかなかお客さんには伝わらないとっても大切なお話でした

 

 

 

関連記事

Category

Calendar

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP