目指す世界を明確に

旅は「どこに行く」が一番大事

WEB見学会第参幕

お施主の希望は森建築の作る和

ここから一切ぶれずに進んだから

何事も迷わなかった

「和」という言葉の連想は

内装は畳・障子・ふすま・欄間・床の間くらいかな

外観は柱が見えたり、塗り壁だったり

まあ、どれ一つとして採用しなかったけどね

特に内装に関してはこだわりました。

 

 

 

 

 

 

夜になって電気をつけるとさすがに隠れないけど

昼間の空間の見えるところに照明器具がありません。

唯一存在をさせたのがダイニングのテーブル照明のみ

照明器具がごちゃごちゃすると和になりません。

 

 

 

 

そして畳はないけど特別な部屋

天井が低いです。

照明器具は床に置きました。

床に座るといつもの通りの天井高に感じます。

意味わかるかな?

天井高は2400だとして椅子に座るといい景色

でも、床に座ると天井が高すぎます。

だから床に座ることを想定すると天井を下げたら落ち着くんです。

このニュアンスわかるかな~

そしてそんな和の空間には杉が良く似合う

いや、むしろ杉しか似合いません。

 

 

 

 

こうして和の空間を演出しました。

「和」となるとどうしても畳と障子と床の間って感じになると思うけど

それだけじゃないんですよね

大切なのは目的が外れないこと

好きな物を並べてもいいけどまとめることがやはり大事

 

 

 

関連記事

Category

Calendar

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP