床下

防湿シートを張ってコンクリートを打設します。

 

 

 

 

 

 

さて今日よりちょっと専門的な内容もやっていこうと思います。

まずは基礎工事ですが

今回の基礎はベタ基礎という工法を採用しました。

直前まで布基礎工法かベタ基礎工法かかなり悩みましたが

布基礎工法よりも杭を打ってベタ基礎工法のほうが強さは同じで

金額が安いということでこちらに決定です。

ベタ基礎は床下空間の防湿も有利です。

先行してコンクリートを床面全部に流しますのでその下に

地面から水蒸気が上がってこないように防湿シートを敷きこみます。

家の中でも採用している気密シートを使います。厚くて丈夫なのが売り

(大きな声では言えませんが気にしない会社はうす~いやつ穴が開きそうなやつを使ってるよ)

ちょっとのことでは破れません。

そのシートをその先の工事のために打ち込んだレベルコンクリートで押さえます。

こうすると床下空間には湿気がないとは言いませんが

少なくとも床下側からは水蒸気が上がってこない空間になります。

それと「虫」も来れなくなります。

今日は防湿シートで床下の湿気を(虫も)さえぎる!!でした

 

 

関連記事

Category

Calendar

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP