床下を守る

防湿コンクリートのさらに下

基礎工事の前半戦はコンクリートの下地工事です。

コンクリートは透湿抵抗はあるのですがゼロではないために

例えば地下水や、水分を持ってしまう土の場合はコンクリートの下の水分を

床下に持ち上げてしまう恐れがあります。

その対策で防湿ビニールを下に敷きます

 

 

 

 

 

明確な決まりまありませんが

ごく普通に流通しているものは0.1㎜

ここからが森建築

0.1㎜ではちょっと寂しいので

室内の気密工事で使っている0.2㎜のフィルムを使います。

踏んでも大丈夫、逆に0.1㎜は怖くて踏めない

 

 

 

 

 

 

もう撥水しまくりです。

しかも基礎工事の入屋さんはただ重ねるだけじゃなくて

接着剤まで使ってくれるのでさらにいい

この現場は水蒸気が心配です。

ですがこれで床下は大丈夫

 

関連記事

Category

Calendar

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
PAGE TOP