樹脂サッシを採用する理由

たくさん運んだから、請求もたくさんだ(大汗)

現在進行中の新築1件、改修1件ともにサッシ納品です。

いつものエクセルシャノン

荷受けは一応立ち合いでいいんだけど、運ちゃんと一緒に運ぶわけで

そこで思うことが

「こんなに重い思いするなら大きな窓やめればよかった」

なんてね。

(お客さんの生活よりわたくしの苦労を優先する間違った考え方を愚痴という)

とまあ

サッシが無事に入ったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな窓ですね~

 

 

 

 

 

 

 

こちらも大きな開き戸

さて、基本的に樹脂サッシを使っています。

アルミと樹脂が一緒になったものは理由があってリフォームのみに選択に入ってきますが

新築は9割樹脂だとしたらあとの1割は木製ですのでアルミは使いません。

(玄関だけは樹脂がないのでスゲ~断熱性のいいアルミと樹脂のモデルです。)

 

なぜって熱を通しちゃうアルミサッシを使う理由がわからないから

たとえ樹脂が家の中に張り付いたってそれは意味なしですから

 

 

 

 

 

 

こちら、わたくしが施工したアルミ樹脂複合サッシの真冬のショット

見てください!!室内に霜がついています。

ここがアルミだから外の温度が伝わってます。

上部に樹脂が見えていて、この後この黒い部分は隠れちゃうので

実は窓の見えないところが冷たいかも?ってなっちゃいます。

もちろん森建築はこの家ですら温度を守りましたけどね

 

アルミは樹脂の1000倍熱を通します!!とかもいいけど

実際にこうなるっていう写真のほうがわかりやすいよね

 

森建築の窓辺は樹脂サッシを使わない会社より絶対暖かいです!!

 

 

 

関連記事

Category

Calendar

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP