気密測定

屋根300ミリグラスウール

天井400ミリグラスウール

壁210ミリグラスウール

床140ミリグラスウール

基礎120ミリ吹付硬質ウレタンフォーム

これすさまじい断熱です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして高気密高断熱を証明するのであれば

避けて通れない完成時の気密測定目張りなし!!

測らずに高気密住宅は名乗れません。

そしてなんといっても渡すときにどのくらいなのかが重要

相当隙間面積はググってみてね

今回の成績

0.59㎠/㎡

すごいのか何なのかはこれじゃわからないけど

1メートル×1メートルの床に2ミリ×3ミリの穴が開いているようなもの

まあすごいわけですよ。

もっともっとすごい数字もありますが

今回のこの工法では花丸もんです

工事の最初から最後までまるっきり気を抜けない気密工事

大工さんだけじゃだめで、設備屋さん、電気屋さん、キッチン、お風呂など

穴をあけて施工する人みんなの技術の成果が0.6を切るという(すごさが伝わらない)

 

 

 

 

 

こんな工事もありました。

床のテープが命

 

 

 

 

 

こんな工事もありました。

外から断熱材を足しちゃいます。

 

 

 

 

 

コンクリート相手には特殊な断熱材

そして(また難しい)

この建物の平均熱貫流率は(言葉の意味知ってますか?)

何と!!0.27W/㎡K!!

 

うおおおお!!!

 

喜んじゃっているのはわたくしだけでOK

 

なんとなくすさまじいと思っていただければ伝わりました。

これは断熱力です。

普段は0.4くらいですから0.27はすごい

この地域の基準は0.56です。約半分

気密住宅だからこそ暖房のエネルギーが抜けていかずに省エネになります。

言葉だけじゃなく検査、数字で表すこと

 

ここまでやって初めて本物の証明

なんてかっこつけちゃった

 

 

 

関連記事

Category

Calendar

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ジブンハウス
PAGE TOP