子供たちの感性

全部がかなうわけではないけれど

森建築は注文住宅

全部一から考えてそのお施主さんだけの家を作ります。

そこに住む人が家に生活を合わせるというわけではなく。

そしてたとえ何才だろうと意見を聞きます。

いつだって大人は「やられちゃってるから」

どこかでいろんなことを伝えもしないうちに

最初からあきらめていませんか?

そんな時には子供の遠慮がない一言が聞きますね

 

 

 

 

 

 

家の中を想像していくはずなのですが

発想が豊かです。

わたくしが一番大切にしていること

家というのは間取りをパズルするのではなく

その家族が暮らしやすい毎日の想像を絵にすること

だから発想の中に「家」はなくてもいい

毎日を教えてほしいから

暮らし方はその家族らしい世界が絶対ある

 

 

 

 

 

 

誰にも遠慮しなくていい世界

ほかの家と違って何が問題なんでしょうか

自分たちが暮らしやすい空間を作ろう

学校や会社の誰にでもという世界ではなく

一般的なハウスメーカーがそれっぽく産業的に作った家ではなく

自分たちだけの暮らしやすい毎日を送るための

自分たちの家

子供の常識は時には大人のなんとなくをぶっ壊してくれる

関連記事

Category

Calendar

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP