床の下には石しかないね

さすがは築100年

昔の人は家の床を支えるために

石をたくさん敷き詰めて、その上に小さな柱を立てて床を作ったんだよね

だから昔の家ほど床下は石と土のみ

よくもこんなに運んだこと

重労働です。

現代建築はもっと効率よく床を平らにするために

しっかりしたものを入れるんです。

 

 

 

 

 

 

家の床したあちこちに深い穴をたくさん掘って

 

 

 

 

 

 

みんな埋める。

底には砕石を締め固めて、コンクリートを流し

この角錐を基礎として埋め込む

 

普段は基礎屋さんのお仕事

今回は大工さん二人で(お前はやらんのかい!)

この二日一生懸命やった二人

明日はきっと体が痛いかも

さてさて100年住宅の改修工事はまだまだ入口付近です。

どんな工事が待っているのか?

そちらも合わせてお楽しみに

 

関連記事

Category

Calendar

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP