パイピング

宣言!!森建築いよいよ床暖に手を染めます。

今までの森建築の暖房というのは

基本的には温水パネルヒーターです。

そして、FF式ストーブです。

どちらも時代に逆行して枯れた技術です。

理由は満足するから

 

 

 

 

 

 

(これは我が家です。)

専門的に言えばもっといろいろありますが

パネルは熱の伝わる効率もよく不快な要素はまるでない

FFは圧倒的なカロリーで使い方さえ間違わなければ

いわゆる「これ1台」で過ごせます。

だからこの2強

しかし、今回の現場は

 

 

 

 

 

 

こんな感じのパイプを床中に張り巡らして温水を回していきます。

 

 

 

 

 

 

原理はパネルヒーターと全く同じ

パネルをラジエターとするのか、金属ではなく床面に熱を伝えて床をラジエターとするのか

まあ、簡単な違いはそれだけ

熱を作る方法も同じ、送る方法も同じ

床なのか、壁なのかだけ

今まで採用しなかった理由もいろいろあるけど

いろいろあって、今回初採用

完成見学会は冬ちょっと前の予定

実体感できるからお楽しみに~

というよりわたくしも楽しみ。

関連記事

Category

Calendar

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP